Big idea 企業が置かれている社会環境や市場環境、顧客を十分に分析し理解しているにも関わらず、なぜ効果的なマーケティング戦略を具現化することができないのでしょうか? 他社のベストプラクティスの応用は正しい選択肢でしょうか? 確立されたマーケティングメソッドだけで、ビジネスをを成功に導くことができるのでしょうか? SWOTを明確にしないまま、広視野なマーケティング戦略を策定していないでしょうか? 私たちが提供するマーケテイング計画でもっとも重要なものは、社会や市場、顧客を基盤としたマーケティングアイディアの構築です。
Marketing communication strategies to drive revenue growth. 課題やニーズが発端になって案件が発生し、要件が決定され、 情報収集により比較が行われ、評価し、そして社内稟議などの論理的な意思決定を経て購買行動につながります。しかし、私たちは、一般的なワークフローや確立されたマーケティングメソッドにこだわりません。培った経験やナレッジをリセットすることも時には必要です。見落とされたマーケティングポイントがどこにあるのかを探し出し、ビジネスの成長戦略に必要なプロモーションプランニングやクリエイティブでブランド価値を最大限に高めます。

Relationship Marketing


B2Bにおいて新規顧客の獲得に向けた施策ばかりに重要視される傾向がある。成熟期や市場が飽和状態になった時に、既存顧客との良好な関係(リレーションシップ)が維持されていなかったことに気がついても、過去の経営基盤を取り戻すことは容易ではありません。成熟市場において新規顧客の獲得が困難な状態でも既存顧客との信頼関係があれば、新しいソリューションやサービス提案で効果的に収益を上げることも可能です。既存顧客に対するロイヤリティ向上への施策は、将来を見据えた経営戦略上の重要なポイントです。